更年期障害のためのアーユルヴェーダ

更年期障害とは

更年期障害は、閉経を挟んだ10年前後の移行期間、卵巣から分泌されるエストロゲンの減少のためにホルモンの調整を司る視床下部が混乱し、自律神経の乱れや精神的に不安定な症状が現れる現象をいいます。アーユルヴェーダでは、更年期障害はヴァータの異常が関与しつつ各ドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カファ)が影響を受けて症状が現れると考えています。

ヴァータ性:不眠、不安、焦燥感、乾燥、便秘、音に敏感になる

ピッタ性:イライラ、ホットフラッシュ、皮膚トラブル

カファ性:眠気、体重増加、むくみなど


更年期障害の症状を抑える方法

オイルマッサージを行う

毎日太白ごま油でセルフマッサージをすることで、ヴァータが整い、症状の緩和が期待できます。

生殖器によいハーブを摂る

シャタヴァリのサプリメント、アーマラキー(アムラ)のサプリメント、ローズのジャム、サフラン、精神症状が強い方にはブラフミーのハーブティーも勧められます。


おすすめのトリートメント

オイルマッサージ(アビヤンガ)のほかに、シロダーラも勧められます。シロダーラは薬草の煎じ液やオイル、ミルクなどを一定のスピードで頭部に流し続けるトリートメントで自律神経やホルモンバランスを整える作用があります。イライラ、睡眠障害、うつ症状に効果を期待できます。

当店でご提供しているトリートメントでは、太白ごま油でのシロダーラをご提供しています。

はかにも、オイルマッサージに使用する薬草オイルの種類やスチームサウナのハーブを、症状にあわせて選ぶことで、症状緩和を狙います。ご相談ください。


アーユルヴェーダサロン環(くわん) :インド医師にも学んだセラピストによる本格派の隠れ家サロン。

アーユルヴェーダサロン環(くわん)は、東横線・目黒線元住吉駅から徒歩10分。 女性に寄り添う、アーユルヴェーダ専門のプライベートサロンです。

0コメント

  • 1000 / 1000